FC2ブログ

イラガ(毛虫)

IMG_2826.jpg

自宅の池周りに植えているモミジの写真です。

朝、水やりをしていて目についた箇所がありました。それがどこか分かるでしょうか?


IMG_2825.jpg

そうです、真ん中辺りの葉っぱです。

周辺の葉っぱに比べて白っぽくなっています。葉っぱが周辺と色が違ったり、かじられたような跡があった場合、葉っぱの裏側に大抵、アイツが潜んでます。

そう、イラガです(もしくは他のケムシ)。
IMG_2827.jpg

写真の一番下の葉っぱに見える黄緑色の虫がイラガです。

イラガに刺されると、とーっても痒い(痛い?)のと、掻いた手に毒針がついて、その手で触った皮膚がまた刺されたのと同じ症状が出て、下手すると全身に広がることも…。

万が一、イラガに刺された場合は手で掻きむしらずに、ガムテープなどで刺された箇所の毒針を取ってください。痒みが強い場合は皮膚科を受診することをお勧めします。


さてこのイラガ。このまま放置しておくと数がドンドン増えて、写真の小さなモミジだとあっという間にすべての葉っぱを食べられてしまう事も。モミジ自体が枯れてしまうわけではないのですが、やはり放置しておくのは避けたいところ。

今回のように早期に発見した場合はイラガが付いている枝ごと取って駆除するのが一番です。ビニール袋などに入れて触らないようにしてください。

また他の葉っぱの裏に卵を産み付けている可能性が高いので、葉っぱを下からのぞいて卵を探すか、しばらくの間葉っぱの様子を注意して観察するようにしてください。


我が家の場合、子供がメダカに餌をあげる時にモミジを触ってしまう可能性があるので注意が必要なんです^^;


気付いた時にすでに大量のイラガが発生して居た場合は補殺を諦めて消毒をしてください。小さな木であればホームセンターで打っているスプレー式のもので十分ですし、大きな木であれば弊社に依頼するか、噴霧器などを使って散布してください。

キンチョールでもイラガや毛虫を駆除することは可能なんですが、キンチョールなどは農薬より濃度がかなり濃い為、葉っぱに薬害が出る可能性が高いので、基本的には使わないようにしてください。園芸用のキンチョールは問題ないと思います(ハエとかをやっつける方はダメ)。


毎年、夏の暑い時期が終わって涼しくなってきた9月頃に発生するんですけど、お盆前後に一時涼しくなったから出てきたんでしょうか?涼しかった、といっても32~33度はあったんですけどね…。

一本の木から消毒や剪定もしておりますので、お気軽にお問い合わせください!

株式会社スウィートガーデン
0120-21-4128(フリーダイヤル)

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : イラガ 剪定 消毒 発見 モミジ キンチョール

アフターフォロー 塗り壁の門塀

IMG_0764.jpg

3年前に工事をさせていただいたI様から門塀の塗り壁に亀裂が入っている、と連絡があり見に行ってきました。

I様の担当をしたのは私ではなく別のスタッフだったのですが、基本的には全ての物件の設計、見積りの内容は確認して把握しており、また門塀に「漆喰」を塗った(通常はアイカ工業のジョリパットです)珍しい現場だったので尚更記憶に残っておりました。

着いて門塀を見ると確かに足元の漆喰が見るからにおかしい状況で、右下の角は漆喰が剥がれ落ちています。

IMG_0762.jpg

裏側を見るとさらに状況は悪く、完全にボロボロと漆喰が剝れてしまっています。

IMG_0766.jpg

地面から30㎝程度高い位置にある小窓の下側にも亀裂が…。


という事で今回はアフターフォローと塗装のお話です。

続きを読む

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : 塗り壁 剝れ 剥離 漆喰 ジョリパット ベルアート クラック ヘアークラック

植栽の枯れ保障

IMG_2492.jpg

昨日、昨年末に工事をさせてもらったお客様からメールが届きました。
シンボルツリーである「常緑ヤマボウシ」が枯れてしまった、という内容でした。


さっそく見に行ってみると写真の有様…。この状況では持ち直すことはないでしょうね…。


弊社ではシンボルツリーやメインツリーを始め、高木、中木、低木については『一年間の枯れ保障』を設けております。

今回は『枯れ保障』についてのお話です。


続きを読む

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : 枯れ保障 植木 シンボルツリー メインツリー 枯れた 剪定 病気 毛虫 相談

ウッドデッキとウッドフェンス(目隠し)

さてさて、突然の質問ですが、弊社ではウッドデッキとウッドフェンスを作る際、「天然木」と「人工木」、どっちが多いと思いますか?

答えは「天然木」でウッドデッキやウッドフェンスを作ることが多い、です。


「エクステリア会社」と言われるCADで図面を提案してくれて、現場監理を行う会社さんは香川県にいくつもありますが、積極的に「天然木」を使ってデッキやフェンスを提案している会社はほとんどないと思います。

住宅もそうですが、ここ最近のトレンドは「専門的な知識、(昔ながらの)技術を必要としない」「誰が作っても一定レベルの仕上がりになる」「施工スピードの短縮」といった感じで、職人さんのなり手(若手、後継者)がいない問題や、職人が居ないなら誰でも作れるような仕組みにしよう、それなら施工スピードも短縮するようにして工期短縮(キャッシュフローの改善)につなげよう、でもその代り「本物」とはちょっと違うけどね、といった感じがあります。

「天然木」を使う場合、サイズや形を自由に出来る代わりに、材料の拾い出しは自分でしないといけません(人工デッキは規格サイズ、別注もメーカーが積算)。

またどうやって作るのか、塗装するのか、数年後どうなるのか、腐るの?傷むの?などなど。「人工」では考えなくてもよいことを沢山考えないといけません。

となれば、それなりに本物に近くて腐らない人工デッキ、人工フェンスを勧める会社が多いのは当たり前といえば当たり前。



しかーし、スウィートガーデンでは根強い人気がある「天然木」を使ったウッドデッキとウッドフェンスをご希望されるお客様に自分達の都合(木の事が分からない、作り方が分からない、くさったり傷んだりしたらと困る、考えるのめんどくさい)で「人工」を勧めることが出来ない!というか出来なかったんですね、創業した頃の10年前は。

それから試行錯誤しながら、勉強しながらやってきたのですが、「天然木」のメリットデメリットを正直に話し、また人工木との価格差を含めて話をしていくと、「天然」or「人工」で悩んでいるお客様は大抵「それなら天然の方が…」ということになることが多いんです。

弊社で「人工」でデッキやフェンスを作る場合は、ほぼ100%最初からお客様が「人工で!」と言われるので、あくまでどちらにするか悩んでいる人の場合ですけどね。


さてそんな「天然木」ですが、ちょっと情報収集(勉強)をしていない間にビックリするぐらい情勢が変わっていました。今日はそんなお話です(ってまだ本文ちゃうかったんかい!)

続きを読む

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : ウッドデッキ ウッドフェンス 目隠しフェンス 天然ウッドデッキ 天然目隠しフェンス イペ ウリン エコアコールウッド 香川県 米杉

最低気温

暖冬、というより気候自体が変わってきているのかもしれませんが、暖かい日が多い冬ですね。

昨日からちょっと荒れ気味に天気で、明日から雨、月曜日は雪マークもついており、少し寒くなりそうな予報が出ています。

週間予報を見てみると、最低気温が1℃、という日が木曜日ぐらいまで続く予報です。日中の気温は7~8℃とまあまあ高くて平均気温は4℃程度になります。


さてこの最低気温と平均気温が何に関係するかというと、「コンクリート」です。

あまり専門的なことは書きませんが、コンクリートは0.5℃以下になると凍ってしまう可能性があります。凍ってしまったコンクリートは強度を失ってボロボロに…。弊社の基準では最低気温が2℃以下になる日のコンクリート工事は極力控えます。電気で温めたり、毛布を掛けて養生したりと気温が2℃以下になっても養生すれば問題ありませんが、広い面積の土間コンクリート(駐車場)などは養生自体が難しくなりますからね…。

香川県で最低気温が2℃以下になる日はそう多くありませんが、やはりそんな日のコンクリート工事は避けたいものです。



昨年12月から工事に入らせていただいているN様邸。

年末までにある程度の工事は完了しており、あとはカーポートとテラス下のコンクリートを打つと工事完了になり、来週の火曜日にコンクリートを予定していたのですが、最低気温が1℃なので、理由を話して打設予定日を延期させてもらいました。

N様からは「完成はゆっくりで構いませんので、納得のいく工事をしてください」と有難いお言葉を…。


仕上げのコンクリートは朝一、遅くても10時ごろから打ち始めないといけないので、どの会社さんも同じことを考えるこの時期は午前中の予約がなかなか取れない!火曜日のをキャンセルしたら、次は再来週になってしまうかも…。

天気や気温、また予約などどうしようもない事なのかもしれませんが、作業ができずに工期が長くなるのは少し悶々としてしまいます^^; 

2月になるともっと寒い日が多くなりそうだし、何とか良いタイミングでコンクリートが打てることを願います!

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : コンクリート 気温 養生

プロフィール

スウィートガーデン

Author:スウィートガーデン
素敵なお庭の施工例、また庭木や草花の育て方などをご紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる