FC2ブログ

既存石材を使っての作庭、からのエクステリア

IMG_5520.jpg
(こちらは解体前の和庭)

お客様の実家にある和庭の樹木、景石、飛び石、沓脱石、燈籠、などを解体し、新築のお庭で再利用して作庭をしている現場です。

といってもスウィートガーデンが直接請け負っている仕事ではなく、いつも植栽工事をお願いしている庭師さんの現場になります。お客さんに出すためのイメージ図面を描いてよ、とお願いされたので実家の和庭を見せてもらい、石の大きさや数などを拾って図面に反映させました。

しかし、こういった作庭は図面通りにはいかず、現場で作りながら、またお客様と職人さんが打ち合わせをしながら作り上げていくものになります。

普段スウィートガーデンが行っているエクステリア(外構)というのは打ち合わせ通りに、図面通りに、というのが基本になりますので、このような現場で相談しながら作り上げる工事は見ていて新鮮です。

「早いの、かっこいいの、安いの」とどこかの牛丼屋の謳い文句ではありませんが、エクステリアは早く終わらせ、他とは違うデザインで、いかにコストを抑えるか、という事を重視している現場が多いように思えます。


IMG_6700.jpg

IMG_6697.jpg

実家にあった和庭のイメージをどこかに残しつつ、現在の住まいにあったお庭へ形を少しずつ変えながら作られているお庭。素敵な空間になりそうです。

で、お客様から庭師さんにエクステリア部分の工事も一緒にやってよ、と声が掛かったそうで、庭師さんから私へエクステリア部分の工事依頼がありました。

住宅メーカーさんと打ち合わせをしていたそうでその内容を踏襲しつつ、スウィートガーデンならではのアイデアや細やかなデザインの気配りを散りばめながら図面を微調整。庭師さんの作庭が終わる今月末ぐらいから工事させてもらうことになりました。ありがとうございます。精一杯頑張ります。





テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

tag : 和庭 実家 リフォーム 再利用 作庭 エクステリア スウィートガーデン

スタンプコンクリート(枕木)

スタンプコンクリート、という工法をご存知でしょうか?

コンクリートを打ってから硬化が始まる直前ぐらいに色粉をふって着色をして、パターン(模様)付けをして、最後に陰影をつけるためにシャドーという色付けを行う工法です。

パターンには様々な模様があり、乱形石やピンコロ石、岩肌などの石目調やレンガや枕木などのパターンもあります。

過去に石目調やレンガ模様は施工したことがあったのですが、今回は初めて枕木風のパターンを採用。

IMG_6395_20190928220203045.jpg

全体的についている「こげ茶」がベースカラー、所々にあるビンテージ感をだしている黒っぽい色がシャドーになります。

IMG_6393_2019092822020260a.jpg

皆さんが良く行く場所に良く使われているのですが、それはスーパーの「ハローズ」です。ハローズの建物周辺にスタンプコンクリートを施工しているので行った際は見てみてください。

ただ、ハローズは買い物した後の重たいカートが頻繁に通行するために、表面が結構ボロボロになっています…^^;


天然の石材を貼るより、枕木を敷きつめるより金額は半分ぐらいは安くなります。金額で施工を諦めていた人はスタンプコンクリートを検討してみてはどうでしょうか?

気になる方は一度ご連絡ください^^


株式会社スウィートガーデン
香川県高松市西山崎町716-8
0120-21-4128(フリーダイヤル)
info@sweetgarden.biz



テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

tag : スタンプコンクリート 香川県 高松市 スウィートガーデン 施工 工事 枕木 石目 乱形石

青々と…

在庫切れだった省管理型芝生「TM9」は5月末より出荷が徐々に再開されて、6月末頃には安定して入荷されるようになりました。

スウィートガーデンでも入荷をお待ちしていただいたお客様が多数おりましたが、何とか梅雨が明ける前に全て張り終えることが出来ました。

特に今年は梅雨が長く、またしっかり雨が降ったので梅雨前に張った芝生はどの家庭でも順調に生長しておりました。

その中でも一番面積が広かったG様邸をご紹介します。

続きを読む

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

tag : TM9 芝生 省管理型芝生 芝刈り 管理 水やり 相談

セランガンバツのウッドデッキ

DSC00306.jpg

今回ご紹介するウッドデッキは「セランガンバツ」という東南アジア原産のハードウッド。

弊社でよく使用する「イペ」や「ウリン」に比べると耐久性が若干落ちるのですが、木目が非常にきれいで最近「イペ」や「ウリン」と一緒にご提案をしています。

「イペ」や「ウリン」の耐久性は25年以上、20年以上、と言われていますが、こちらの「セランガンバツ」は15年程度になります。ただ、弊社とは取引のない木材会社の資料をみると20年以上、と書かれているものもありますので、メンテナンスフリーでも十分な耐久性はあると思います(一応弊社では期間が短い方の耐久性でご案内しています)。

ハードウッドでよく聞く「デメリット」は?となると「割れ」「反り」が結構出るのと「木肌のざらつき」でしょうか。ただこれらは天然木であれば多かれ少なかれ必ず出るのでお客様には注意事項程度にお伝えをしています。


15年や20年でウッドデッキが傷んできてやり直しするのは困る、と人工ウッドデッキを選ぶ方は多いですが、人工には無い見た目、味わい、風合い、自然の変化、というのは捨てがたい魅力ですよね。

天然のウッドデッキ、特にハードウッドでデッキを作りたい、というお客様はぜひご相談ください。

株式会社スウィートガーデン
香川県高松市西山崎町716-8
0120-21-4128
info@sweetgarden.biz


残りの写真も何枚か掲載しておきます。「続き」のところをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

tag : セランガンバツ ハードウッド イペ ウリン ウッドデッキ 目隠しフェンス 門扉 工事 提案 相談

昼も夜も楽しめるお庭 ~ライトアップ~

DSC00492-1__201908011205237a8.jpg
(私の一番のお気に入りの写真 鋳物門扉から伸びる影がカッコイイ^^)

今回は前回紹介したお庭のライトアップバージョンです。

ライトの設置をして初めて点灯した夜、K様からメールで写真が届きました。「ライトアップ、とても素敵です」というお言葉に添えられた写真が良い感じで、後日お聞きしたらスマホ(iPhone XR?)で撮影されたとの事。

数年前、施工写真やライトアップされたお庭写真を撮る目的でデジタル一眼レフカメラ(ソニーα7Ⅱ)を購入したのですが、ライトアップの写真がどうしてもうまく撮れず、最近はライトアップの撮影自体を諦めていたのですが、スマホでこのクオリティの写真が撮れるなら自分でも撮影しよう、と思って遅い時間ですが19時過ぎにお伺いして撮影をしてきました。

私のスマホはiPhone X。K様より一つ古い機種になりますが、同じような写真が撮れました。一応、ダメ元で撮影してみようと一眼レフカメラも持参して撮影してみたのですが、なんとまあ、数年前は三脚を構えて露出だ、長時間露光だ、なんだかんだと設定をいじりまくって撮影して満足いく写真が一枚も取れなかったのに、今回は手持ち(三脚無し)でそれなりに良い写真が撮れました…。

なんだったんだ、過去にあれやこれやと悩んだのは…。

ちなみ今回紹介する写真はデジタル一眼レフカメラで撮影したものに補正をかけたものです。加工せずに撮影したそのままの写真でこれだけの絵になればいう事ないのですが、まだそこまでの撮影技術、知識は私には無いようです…^^;
(最後に比較のためにスマホの写真も1枚載せます)


あまり説明は要らないと思いますが、素敵なライトアップ写真をご覧になってください^^

DSC00501-1_2019080112052414a.jpg

続きを読む

tag : 香川県高松市 スウィートガーデン ライトアップ LEDライト おしゃれ 素敵 ポールライト アップライト ガーデンライト タカショー

プロフィール

スウィートガーデン

Author:スウィートガーデン
素敵なお庭の施工例、また庭木や草花の育て方などをご紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる