FC2ブログ

イラガ(毛虫)

IMG_2826.jpg

自宅の池周りに植えているモミジの写真です。

朝、水やりをしていて目についた箇所がありました。それがどこか分かるでしょうか?


IMG_2825.jpg

そうです、真ん中辺りの葉っぱです。

周辺の葉っぱに比べて白っぽくなっています。葉っぱが周辺と色が違ったり、かじられたような跡があった場合、葉っぱの裏側に大抵、アイツが潜んでます。

そう、イラガです(もしくは他のケムシ)。
IMG_2827.jpg

写真の一番下の葉っぱに見える黄緑色の虫がイラガです。

イラガに刺されると、とーっても痒い(痛い?)のと、掻いた手に毒針がついて、その手で触った皮膚がまた刺されたのと同じ症状が出て、下手すると全身に広がることも…。

万が一、イラガに刺された場合は手で掻きむしらずに、ガムテープなどで刺された箇所の毒針を取ってください。痒みが強い場合は皮膚科を受診することをお勧めします。


さてこのイラガ。このまま放置しておくと数がドンドン増えて、写真の小さなモミジだとあっという間にすべての葉っぱを食べられてしまう事も。モミジ自体が枯れてしまうわけではないのですが、やはり放置しておくのは避けたいところ。

今回のように早期に発見した場合はイラガが付いている枝ごと取って駆除するのが一番です。ビニール袋などに入れて触らないようにしてください。

また他の葉っぱの裏に卵を産み付けている可能性が高いので、葉っぱを下からのぞいて卵を探すか、しばらくの間葉っぱの様子を注意して観察するようにしてください。


我が家の場合、子供がメダカに餌をあげる時にモミジを触ってしまう可能性があるので注意が必要なんです^^;


気付いた時にすでに大量のイラガが発生して居た場合は補殺を諦めて消毒をしてください。小さな木であればホームセンターで打っているスプレー式のもので十分ですし、大きな木であれば弊社に依頼するか、噴霧器などを使って散布してください。

キンチョールでもイラガや毛虫を駆除することは可能なんですが、キンチョールなどは農薬より濃度がかなり濃い為、葉っぱに薬害が出る可能性が高いので、基本的には使わないようにしてください。園芸用のキンチョールは問題ないと思います(ハエとかをやっつける方はダメ)。


毎年、夏の暑い時期が終わって涼しくなってきた9月頃に発生するんですけど、お盆前後に一時涼しくなったから出てきたんでしょうか?涼しかった、といっても32~33度はあったんですけどね…。

一本の木から消毒や剪定もしておりますので、お気軽にお問い合わせください!

株式会社スウィートガーデン
0120-21-4128(フリーダイヤル)

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

tag : イラガ 剪定 消毒 発見 モミジ キンチョール

プロフィール

スウィートガーデン

Author:スウィートガーデン
素敵なお庭の施工例、また庭木や草花の育て方などをご紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる