FC2ブログ

LONDON DAY1,Hyde Park No.2

IMGP2444.jpg
ロンドンの街並みを眺めつつようやくHydeParkに到着しました。



HydeParkに到着し、公園の中に入ろうと思ったとき、ふと後ろを見ると美しい樹木がありました。
IMGP2447.jpg

どうですか?
葉っぱの色合いだけでこれだけ素晴らしい景色になるとは・・・。
またそれぞれの樹木のマチュアサイズ(成長後の大きさ)を把握して植えているので、奥へ行くほど樹木が大きくなり、見事な重なりを見せています。

残念ながら道路を挟んだ向こう側にあった為、近くによって何の樹木か確認は出来ませんでしたが、ノルウェーカエデ“ドラモンティ”は園内にもあったので近くでパチリ。
IMGP2457.jpg
Acer platanoides “Drummondii” Norway Maple

明るい葉っぱがお庭の花壇ともマッチするノルウェーカエデですが、夏の日差しには弱いので日本では配植に気をつけないといけませんね。
ロンドンはこの時期でも最高気温が25度前後と樹木たちにとっては本当に過ごしやすい気候で、日本で見かける植物たちもコチラではのびのびと成長をしており、日本では考えられない大きさに成長していたりします。



さて園内に入るといきなりダートコース(砂の道)が。
IMGP2446.jpg
「馬でも走ってるんですかねぇ~」と冗談を言っていたのですが、そこかしこに馬糞が・・・。
本当に走っているようですw。


さて、時差ぼけとここまで歩いてきた疲労と戦いながらダートコースを歩いていると何やら不思議な樹木が。
IMGP2466.jpg
西洋ブナ(それともニレ?)の枝垂れでしょうか?
う~ん、ここまでシダレを私は日本で見かけたことはありません。
3箇所ほど人がくぐれる程度の穴があり、中に入る事ができます。
IMGP2467.jpg
わざと人が入れるようにして、中で遊んだり、愛を育んだり・・・


さて、愛を育みにきた一行ではないので、サッと通り過ぎwようやくお目当ての花壇などがある場所に到達しました。



IMGP2476.jpg
モッコウバラとクレマチスのアーチ(まだ初日で夕暮れ時の撮影がヘタッピです・・・)や、

IMGP2474.jpg
カラーリーフを中心に作られた花壇。

IMGP2482.jpg
色の組み合わせなどは本当に参考になりました。


IMGP2484.jpg
マチュアサイズ(成長後の大きさ)を考えられた配植は高さの重なりと共に色の配色も見事。

IMGP2487.jpg
暑さと多湿に少々弱いラムズイヤーもご覧の通り、めっちゃ元気です。



最高気温は25度前後と先ほどお伝えしましたが、湿度も低く、ロンドンの夏はカラッとした気候です。
私なんかあまりの乾燥に冬でもないのにクチビルが裂けてしまい、リップクリームが無いことをすごく後悔しました。

まあそのような気候なので、どの植物も元気に育っていますが、これをそのまま日本に持ち込むのは少々難しいなぁ、と思いました。



IMGP2490.jpg
ロンドンの公園でよく見かけたのが、このようなポールにチェーンやロープを絡めてバラやクレマチスを這わしていた光景。
またそのような場所には必ずベンチが置いてあり、雰囲気や景色、香りなどを楽しむことが出来ます。

しかもしかも、この写真の時点で夜の21:20。
この明るさにもビックリです。



ロンドンに着いて旅行のプランには入っていない公園で、この完成度というか、この雰囲気、植物のつくり、手入れの素晴らしさ、などなど改めて英国という国がガーデンに対する想いが日本とは全く違う、ということを感じました。
明日からのガーデン巡りが本当に楽しみになったHydeParkでした!




さてさて、ここからが予想もしなかった「とんでもない事」の始まりなんですが・・・

「じゃあご飯にしましょう」という先生の掛け声の下、オススメのPub(パブ)に向かっていたのですが、歩けど歩けど一向に着く様子がない。
しかも途中にガーデンでもあれば気が紛れるのですが、そんな場所もなくただひたすら雑木の中やら歩道を歩くのみ…。そのうち辺りは真っ暗に…。

1時間以上は歩いたでしょうか。
ようやく着いたオススメのPubはなんと22時で閉店…。
IMGP2499.jpg

IMGP2502.jpg
何とか空いていた中華屋さんでようやく晩御飯(23時です!)
IMGP2506.jpg

先生が「飛行機の中で寝ないのが時差ぼけには一番良い」という言葉を愚直に守り、飛行機で一睡もせずにロンドンに到着し、歩き回ったこの時点で多分26時間ぐらい経っていたでしょうか?
しかも機内で到着前に食べた軽食を最後に何も食べずにここまで・・・。
本当に時差ぼけと空腹でフラフラ。

そして、ホテルからこの中華屋まで歩いた距離ナント10キロ!!

ご飯を食べ終わり、タクシーでホテルに帰ろうと思いきや、全くタクシーが捕まらず。
急遽、地下鉄に乗ろうとなり、飛び乗ったその電車はナント最終電車。
あぶね~。
これで電車が無くなって、さらに歩いていたら理性が吹っ飛ぶところでした(汗)。

ロンドン市内マップ
ちょっと線が汚いですが、今日の全行程。
先生、到着の日にこの行程はちょっとムリが…



さて、ホテルに着いて爆睡したのは言うまでも無く、明日は世界遺産にも登録されている“Royal Botanic Gardens, Kew”「キューガーデン」です。
お楽しみに!


株式会社スウィートガーデン
香川県高松市西山崎町716-8
URL http://sweetgarden.biz
info@sweetgarden.biz 
TEL 087-885-6145
FAX 087-885-6140
担当 土居周司





テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

tag : ロンドン ハイドパーク ノルウェーカエデ 西洋ブナ ラムズイヤー 香川県高松市 ガーデニング スウィートガーデン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

写真が本当に綺麗ですね。

臨場感あふれる写真&文章で、続きが楽しみです。

思い出の場所でしたか?

たんきさん

HydeParkは思い出の場所でしたか?

HydeParkはロンドン市内でもかなり大きい公園でしたが、他の公園も花いっぱいの素敵な公園ばかりでした。

高松に帰り、車の移動中に外の景色をみるようにしているのですが、サツキツツジなど低木などで緑はあるものの花を飾っているところを殆ど見る事が出来ません。

高松に帰ってきて改めて、国力、国民の力の差(ガーデンに対する)を感じました。


続きを楽しみです…とありがたいコメント。
頑張ってブログを更新したいと思います!お楽しみに。
プロフィール

スウィートガーデン

Author:スウィートガーデン
素敵なお庭の施工例、また庭木や草花の育て方などをご紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる