FC2ブログ

家づくり、再開!

ちょうど2年前、家を建てようと気密断熱を調べ、建築会社さんとも打ち合わせをして夢を膨らましていたのですが、夏に父の癌が再発し、秋に父が亡くなり家づくりのことを考えている状況ではなくなりました。

父も会社を経営(造園資材の卸)していたため、そちらをどうするのか、というところに頭を悩ませていたのですが、母が跡を継ぎ、従業員もそのまま残ってくれたために、父が亡くなる前とそれほど変わらずに経営を続けていくことが出来ました。

まさかまさかの父の他界だったので、自分たちだけの家を建てようとしていたのを急遽、母と祖母も同居する3世帯住宅を計画することにしました。

去年より少しずつ話を進めていたのですが、新築するところにある倉庫を壊して敷地調査に入らないとこれ以上図面を進められない、と建築屋さんに言われたので急ぎ倉庫を壊すことに。

取り壊す倉庫です。デッカイです(汗)
IMG_1120.jpg





高度経済成長の頃には月に2~3回、九州から土壁の中に編む「木舞」の竹が運ばれてきて「割竹」「女竹」などの竹があふれんばかりに置かれていました。父が祖父の跡を継いだころから土壁をつく家が減ってきて、倉庫に竹が置かれることが少なくなり、ここ数年は駐車場として貸し出しをしていました。

「木舞」の参考写真
DSCF8420_20150305183807a10.jpg


40年近く前に作られたであろう倉庫。壁にはスレートが使われており、もちろん「アスベスト」が含まれております。
一昔前は重機でバリバリ壊すことが出来ていた解体工事も、粉塵に含まれる有害物質を発生させない為にスレートは1枚1枚すべて手で外していきます。取り外したものをその辺りで処分したり埋めたりするのはもちろんNGで、決められた最終処分場まで届けて処分をしないといけません。

IMG_1121.jpg


こちらの写真はスレートも鉄骨もある程度取ってしまった後の写真なので、外周に立てていた足場やシート養生はすでにありませんが、道路面と近隣側はしっかりとシート養生をしていました。
IMG_1183.jpg

いや~、倉庫が無くなると日差しが差し込んできて明るいこと明るいこと(笑)
祖母の部屋も朝日が入って明るい。庭の部分も太陽の光が差し込むのは一部だったので今の明るさを見て、太陽の光は大切なんだな、と再認識しました。


先週敷地調査をして、今まで打ち合わせをしてきた建物を配置してみると…。
なんと敷地ギリギリ(汗)。
現在住んでいる建物はそのままにしておき、新築が完成したら引っ越す予定なので建物を壊すことは出来ず、建物の間取りを見直すことに(図面などはまた後日)。なかなかうまくいきませんね。

ようやく動き出した家づくり。
ぼちぼちとブログに書いていきますので、お楽しみに!





テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

tag : 家づくり 倉庫 解体 敷地調査

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スウィートガーデン

Author:スウィートガーデン
素敵なお庭の施工例、また庭木や草花の育て方などをご紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる